グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。
  • 駅美装改良
  • 森ノ宮駅

2015年6月1日

森ノ宮駅美装改良

森ノ宮駅は北西に大阪城公園が広がり緑豊かなエリアであり、また、駅近くにはかつて鵲(カササギ)の住む森があったことに由来する森之宮神社があることから、駅改良にあたっては「森」をコンセプトとして、駅や商業施設の空間構成を行いました。

外壁緑化

駅のメインエントランスの外壁を緑化し、大阪城公園という「森」への繋がりを演出しています。緑化部分には、天然の緑を使用しており、季節ごとに色合いが変化します。
※緑化に使用する植物(4種類)
オオイタビ:成長とともにボリュームが増し、深緑色のカバーを作りだします。
ヘデラ・ゴールデンチャイルド:日陰でも明るい黄緑色の葉を保ち、冬季には赤く紅葉します。
ハツユキカズラ:新芽のときには桃色で、徐々に緑になり、秋から冬にかけて紅葉します。
オウゴンテイカ:黄金色がかった黄色の斑入りの葉を持ちます。

城見エリア

大阪環状線で唯一、ホーム上から大阪城が臨める駅であることから、外回りホーム大阪駅方に「城見エリア」を設置しています。床面は木目タイルを採用し、大阪城公園の樹々との一体感を演出します。

コミュニケーションスペース

ホーム上の空きスペースをデジタルサイネージやベンチ等を備えた「コミュニケーションスペース」として活用しました。床や壁面を木目調のデザインとすることで「森」を演出しています。

デジタルサイネージ新設

駅1階コンコースに、地図や時刻表等の案内機能を備えたタッチ式デジタルサイネージ2面を含む合計6面のデジタルサイネージを設置し、情報発信機能の充実とともに駅の美観向上を図りました。

店舗リニューアル

駅1階コンコースに、24時間営業のコンビニエンスストア、ベーカリーカフェ、書店の3店舗がオープンします。

インフォメーションボード

従来の駅名看板に替えて、新たに大型「インフォメーションボード」を設置し、ホーム上に散在していた案内情報を集約しています。

案内サインの改良

不慣れなお客様にもわかりやすい案内サインとするため、行き先の方面(内回り・外回り)をビジュアルで表現した大型の案内サインを設置しました。

壁、柱・梁の美装

ホームの壁は白色と灰色、柱・梁は黒色で塗装し、モノトーン調でデザイン統一することで、非常ボタンや案内サイン等、目立つべきものを際立たせるようにしています。

トイレ改良

全洋式化・温水洗浄便座化、換気機能の強化、照明LED化、ベビーチェア設置等により、快適なトイレ空間を目指します。
新規ウインドウで開きます。プレスリリースはこちら
  • トップページ
  • カテゴリートップ
 
大阪駅のプロジェクト 天満駅のプロジェクト 桜ノ宮駅のプロジェクト 京橋駅のプロジェクト 大阪城公園駅のプロジェクト 森ノ宮駅のプロジェクト 玉造駅のプロジェクト 鶴橋駅のプロジェクト 桃谷駅のプロジェクト 寺田町駅のプロジェクト 天王寺駅のプロジェクト 新今宮駅のプロジェクト 今宮駅のプロジェクト 芦原橋駅のプロジェクト 大正駅のプロジェクト 弁天町駅のプロジェクト 西九条駅のプロジェクト 野田駅のプロジェクト 福島駅のプロジェクト
  • 新規ウインドウで開きます。大阪環状線各駅の話題のお店をご紹介!