トップページ  >  鉄道のご案内  >  きっぷ・定期  >  きっぷのルール  >  乗車券  >  運賃計算の特例  >  東京付近の特定区間を通過する場合の特例

東京付近の特定区間を通過する場合の特例



JR西日本のご利用にあたっては、「西日本旅客鉄道株式会社旅客営業規則」等の運送約款が適用されます。

下図の太線区間を通過する場合は、太線区間上の入口の駅から出口の駅までは、後戻りしたり再度同じ駅を通らない限り、普通運賃・料金は、実際に乗車する経路にかかわらず、太線区間内の最短経路の営業キロで計算します。この場合、片道101キロメートル以上の乗車券(大都市近郊区間のみ利用の場合を除く)ならば、途中下車もできます。

東京付近の特定区間図

【例】岡山から勝沼ぶどう郷へのご旅行の場合

実際にご乗車になる経路は岡山、東京、御茶ノ水、新宿、勝沼ぶどう郷の順番(営業キロ845.4キロメートルで11,550円)ですが、岡山、品川、渋谷、新宿、勝沼ぶどう郷の順番の最短経路の営業キロは838.9キロメートル。は数は切り上げて839キロメートルで計算します。運賃は11,330円です。