大阪環状線改造プロジェクト

  • 新型車両投入

安全性とサービス水準を高めた新しい車両「323系」が登場します!

平成28年度から、新型車両「323系」を順次投入します。
323系の開発にあたっては、輸送品質の確保と先進的なサービスによる快適性の向上、大阪環状線のイメージアップを図るため、「安全・安心の向上」「機器の信頼性向上(安定輸送)」「情報提供の充実」「人に優しい快適な車内空間」をコンセプトとして定めています。
※現在の車両との比較についてはこちらをご覧ください。(PDF形式120キロバイト)

車両は、大阪環状線の電車として長年親しまれてきたオレンジ色を基調とした先進的な外観で、『大阪環状線改造プロジェクト』のロゴマークを先頭部および側面にデザインします。さらに、ドアの位置や動作状況をわかりやすくするために、ドア上に『大阪環状線改造プロジェクト』のロゴマークにちなんだ表記とドア先へ黄色のラインを配置します。
323系は平成28年度から平成30年度末までに順次投入し、国鉄時代に製造された大阪環状線内の103系・201系通勤形電車はすべて置き換える予定です。