ここからが本文です。

DISCOVER WEST とは数多くの歴史文化遺産と美しい自然に恵まれた西日本エリア。そこで見つかる、いい日本、 いい自分の時間を発見していただく旅の提案です。

風情ある城下町を ゆっくり散策 2日目

4 旧萩藩校明倫館

明倫館は、学問を重んじる伝統をもつ家柄である5代藩主毛利吉元が、毛利家家臣の子弟教育のために享保3年(1718)に創立した萩藩の藩校。13代藩主敬親の藩政改革に従い、嘉永2年(1849)に現在の堀内地区から江向地区に移転した。創立から慶応3年(1867)までの約150年間にわたって教育がなされ、高杉晋作や木戸孝允、井上馨ら多くの人材を輩出した。吉田松陰が山鹿流兵学師範として教壇に立ったことでも知られる。約5万m²の敷地に、聖廟宣聖殿をはじめ、小学舎や射術場、練兵場などがあった。
また、明倫館跡地に立つ旧明倫小学校の校舎は、新たな萩の観光起点「萩・明倫学舎」として平成29年(2017)3月4日にオープンした。
旧萩藩校明倫館
明倫館跡地に立つ旧明倫小学校本館(国の登録有形文化財)
[電話] 0838-25-1750(萩市観光協会)
[住所] 萩市大字江向602
[時間][休み][料金]見学自由

※萩・明倫学舎については下記コラムを参照

萩・明倫学舎

[電話] 0838-21-0340(NPO萩明倫学舎)
[住所] 山口県萩市江向602
[料金] 本館は無料、2号館「世界遺産ビジターセンター・幕末ミュージアム」300円
[時間] 9〜17時(飲食スペースは11〜21時、L.O.は20時30分)
[休み] 無休
萩・明倫学舎国の登録有形文化財である日本最大の木造校舎は威風堂々としたたたずまい

萩藩校、明倫館の跡地に立つ旧明倫小学校の校舎が、新たな萩の観光起点となる「萩・明倫学舎」として平成29年(2017)3月4日にオープンした。旧明倫小学校本館は昭和10年(1935)に建てられ、平成8年(1996)に国登録有形文化財に指定されてた木造2階建て。近年まで実際に校舎として使用されていた。
本館には、幕末に活躍した人物を多く輩出した萩藩校明倫館の歴史や、萩の大地1億年の成り立ちを紹介する「ジオパークビジターセンター」、市内観光に役立つ「萩まちじゅう博物館観光インフォメーションセンター」がある。おみやげや萩のブランド魚を楽しめるレストランなども併設されている。
2号館東側の「世界遺産ビジターセンター」では、平成27年(2015)7月に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」を紹介。8県11市の23資産で構成される世界遺産の全体像とともに、萩市にある5つの資産や、工学教育の必要性を提唱した吉田松陰の先駆的な役割などを映像やパネルなどでみることができる。西側は「幕末ミュージアム」。日本でも有数の収集家である小川忠文氏から萩市に寄贈された4000点を超える資料から特に貴重なものを約500点展示する。幕末維新期の歴史や科学技術関連の資料をわかりやすく分野ごとに部屋を設けて公開している。
萩の魅力をまるごと知ることができる恰好の拠点として、観光にでかける前に訪れてみたい。

菊ヶ浜・女台場菊ヶ浜は古くは和歌にも詠まれた風光明媚な浜

5 菊ヶ浜・女台場

萩城跡の東に延びる菊ヶ浜は、萩城跡から浜崎商港まで続く長さ1.2kmの白砂青松の美しい海岸。海水の透明度が高く、7月中旬から8月中旬にかけて開設される海水浴場は家族連れで賑わう。環境省選定の「快水浴場百選」に選ばれており、夕陽の絶景スポットしても知られる景勝地だ。
菊ヶ浜の一角にある菊ヶ浜土塁と呼ばれる少し小高い土手は、外国船からの報復による襲撃に備え、藩命に従い住民が自ら築いたもの。年齢や身分に関わらず住民総出で行われ、普段は外に出ることもない武家の奥方や奥女中までもが出向いて築造に貢献したことから「女台場」とも呼ばれた。
[電話] 0838-25-1750(萩市観光協会)
[住所] 山口県萩市今魚店町102-1
[時間][休み][料金]散策自由

6 萩焼窯元 泉流山

蹴りろくろなどの昔ながらの変わらない手法にこだわって、「ひとの手で作る味わい深さ」を追求する文政9年(1826)創窯の窯元。地元産の粘土や釉薬に独自の工夫を加え、登り窯というコントロールが難しい火の力によって生み出された作品は、萩ならではの独特な風合いをもつ。初心者でも手軽に作って楽しめる陶芸体験教室も開かれている。手軽な絵付け体験から、回転台(手回しろくろ)を使ってカップや皿などの器を作る手びねり体験、職人が指導にあたり本格的に電動のろくろを使って作品作りをする電動ろくろ体験などが用意されている。作った作品は焼成を経て約2カ月後に手元に届く。ギャラリーショップもある。 併設の吉賀大眉(よしかたいび)記念館(9〜17時、無休、入館500円)では、文化功労者・吉賀大眉のおよそ100点にも及ぶ代表的な作品などのほか、親交のあった著名作家の作品や萩の古陶磁資料などを展示。萩焼を美術品にまで押しあげ、「大眉芸術」と高く評価された泉流山前当主の作品を鑑賞し、萩焼の理解を深めよう。

萩焼窯元 泉流山和モダンなギャラリーショップに美しく泉流山の作品が並ぶ
萩焼窯元 泉流山自分だけのオリジナル作品を作ろう
[電話] 0838-22-0541
[住所] 山口県萩市大字椿東4481
[料金] 手びねり体験2200円〜、電動ろくろ体験3500円〜、絵付け体験1200円〜、作品の送料が別途必要。電動ろくろ体験はなるべく予約を。
[時間] 8時30分〜17時
[休み] 水曜(祝日の場合は営業)、陶芸体験は無休(電動ろくろ体験は除く)
7 松陰神社
祭神は、維新に活躍した志士を数多く育て精神的支柱となった吉田松陰(吉田矩方命)。境内には松陰神社本社のほか、国指定史跡の松下村塾や吉田松陰幽囚ノ旧宅(杉家旧宅)、松陰の塾生・門下生を祀った松門神社、遺品や遺墨などを展示し、松陰が残した思いを次世代に伝える宝物殿至誠館、ろう人形で松陰の生涯を再現した吉田松陰歴史館などがある。松下村塾は、安政4年(1857)に松陰が主宰した私塾。萩藩校明倫館に行けない下級武士の子どもたちもここで学び、やがて尊皇攘夷運動の中心となり、近代日本の礎となった人物を多く輩出している。
神社の近くには、松下村塾の創立者であり松陰の叔父の玉木文之進旧宅や、松下村塾で学んだ伊藤博文の旧宅・別邸、吉田松陰誕生地、吉田松陰の墓及び久坂玄瑞や高杉晋作など関係者たちの墓所もある。散策しながら回ってみたい。
松陰神社志士たちの熱い思いの発信地
[電話] 0838-22-4643
[住所] 山口県萩市椿東1537
[料金] 境内自由。松下村塾・吉田松陰幽囚ノ旧宅は無料。宝物殿至誠館・吉田松陰歴史館は各500円
[時間] 境内自由。松下村塾・吉田松陰幽囚ノ旧宅は8時〜日没、宝物殿至誠館・吉田松陰歴史館は9〜17時(入館は16時30分まで)
[休み] 境内自由。松下村塾・吉田松陰幽囚ノ旧宅・宝物殿至誠館・吉田松陰歴史館は無休

旅memo

吉田松陰にまつわる観光スポット巡ってみよう。
松陰神社前バス停から萩循環まぁーるバス東回りで3分、松陰誕生地前バス停で下車した後、吉田松陰の墓及び墓所→吉田松陰誕生地→玉木文之進旧宅→伊藤博文旧宅・別邸→松陰神社と巡るコースがおすすめ。吉田松陰誕生地は萩市街や萩城があった指月山などを見下ろせる絶景ポイント。坂道を下りながら松陰ゆかりの地を訪ねたい。

モデルコース 1日目
07:30 東京駅 発

JR東海道・山陽新幹線のぞみ11号で4時間27分

12:53 JR新山口駅

JR山口線 特急スーパーおき4号で1時間2分

13:55 JR津和野駅

徒歩20分

14:50 1.乙女峠聖マリア聖堂

徒歩20分

15:10 JR津和野駅

タクシー5分

16:00 2.太皷谷稲成神社

徒歩15分

16:15 3.殿町通り 着

散策(殿町通り・本町通りなど)

津和野 泊
モデルコース 2日目
08:07 津和野バスセンター 発 (または)08:10 津和野駅 発

防長バスで1時間37分、萩バスセンターバス停下車、徒歩10分

10:45 4.旧萩藩校明倫館 「萩・明倫学舎」

散策(菊屋横町周辺)、昼食

12:15 5.菊ヶ浜・女台場跡

徒歩すぐ
女台場入口バス停から萩循環まぁーるバス東回りコース(松陰先生)で8分、吉賀大眉記念館前バス停下車、徒歩すぐ

14:55 6.萩焼窯元泉流山

吉賀大眉記念館前バス停から萩循環まぁーるバス東回りコース(松陰先生)で11分、松陰神社前バス停下車、徒歩すぐ

16:56 7.松陰神社

松陰神社前バス停から萩循環まぁーるバス東回りコース(松陰先生)で12分、アトラス萩店前バス停下車、徒歩5分

16:56 萩バスセンター 着 

萩 泊
モデルコース 3日目
09:08 萩バスセンター 発

萩循環まぁーるバス西回りコース(晋作くん)で6分、萩博物館前バス停下車、徒歩すぐ

10:30 8.萩博物館

散策(堀内伝統的建造物群保存地区など)

12:00 9.萩城跡・指月公園

昼食、散策(平安古伝統的建造物群保存地区など)

15:12 萩バスセンター

防長バスはぎ号で1時間7分

16:26 JR新山口駅

JR東海道・山陽新幹線のぞみ46号で4時間27分

20:53 東京駅 着

※各アクセスや観光情報については、おでかけの際に事前の確認をお願い致します。

  • 風情ある城下町を ゆっくり散策 1日目
  • 風情ある城下町を ゆっくり散策 3日目

情報提供:JTBパブリッシング

DISCOVER WEST パスポート

せとうちキャンペーン

お申し込みは各旅行会社

JRと宿をセットにしたおトクな旅行プランを販売中!
詳しくは各旅行会社のホームページへどうぞ。

  • 近畿日本ツーリスト
  • JR東海ツアーズ
  • 日本旅行
  • JTB

DISCOVER WESTとは

それは、西にある。 DISCOVER WEST

DISCOVER WEST とは
数多くの歴史文化遺産と
美しい自然に恵まれた西日本エリア。
そこで見つかる、いい日本、 いい自分の
時間を発見していただく旅の提案です。
DISCOVER WEST CMはこちら

ロングバージョンの動画はこちら
尾道編CMはこちら