グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

DISCOVER WEST とは数多くの歴史文化遺産と美しい自然に恵まれた西日本エリア。そこで見つかる、いい日本、 いい自分の時間を発見していただく旅の提案です。

歴史ロマン探訪 3日目

9 太皷谷稲成神社

祭神は宇迦之御魂神(うがのみたまのかみ)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)祭神は宇迦之御魂神(うがのみたまのかみ)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)

表参道に続く朱塗りの鳥居表参道に続く朱塗りの鳥居

[電話] 0856-72-0219
[住所] 島根県鹿足郡津和野町後田409
[料金][時間][休み]境内自由

津和野城の表鬼門にあたる、城下町を見下ろす高台にあり、朱塗りの社殿や鳥居が美しい日本五大稲荷の1つ。安永2年(1773)に津和野藩7代藩主・亀井矩貞(かめい のりさだ)公が城の鎮護と領民の幸せを願って京都の伏見稲荷大社から勧請した。「稲荷」でなく「稲成」と表記することからもわかるように願望成就の神様として、また商売繁盛、五穀豊穣、厄除けなどでも厚く信仰されている。元宮、命婦社、新殿、新殿裏奉拝所を順番に巡る「四ヶ所参り」は、太皷谷稲成神社ならではの参拝方法。油揚げとローソクを供えながら順番に参拝していく。表参道の263段の石段に延々と立ち並ぶ約1000本の朱塗りの鳥居は、成就のお礼と祈願のために奉納されたもの。

*日本五大稲荷:伏見稲荷大社(京都市伏見区)、笠間稲荷神社(茨城県笠間市)、竹駒神社(宮城県岩沼市)、祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市)、太皷谷稲成神社

  • 「山陰の天空の城」として知られる津和野城跡。朝霧(雲海)が現れるのは10〜2月の早朝

    「山陰の天空の城」として知られる津和野城跡。朝霧(雲海)が現れるのは10〜2月の早朝

  • 緑の木立の中をリフトに乗って

    緑の木立の中をリフトに乗って

津和野城跡

吉見頼行・頼直親子が永仁3年(1295)から30年の歳月をかけて標高367mの霊亀山に築いた山城。三本松城とも呼ばれた。関ヶ原の戦い後には坂崎出羽守直盛(成正)が入城し、山すそに流れる津和野川を城の内堀として大改修を行い、江戸時代初期の元和3年(1617)には、石見津和野藩主亀井政矩(かめいまさのり)の居城となった。現在は霊亀山一帯に石垣や堀が数多く残る。本丸跡へは、太皷谷稲成神社に至る車道の途中にある観光リフトで5分、さらに徒歩で20分。本丸跡の一番高いところに位置する三十間台からは、城内の石垣の様子や津和野の町を一望することができる。昭和17年(1942)に国の史跡に指定され、平成18年(2006)に日本城郭協会により日本100名城にも選定されている。

●津和野城跡
[電話] 0856-72-1771(津和野町観光協会)
[住所] 島根県鹿足郡津和野町後田477-20
[料金][時間][休み]見学自由
●津和野観光リフト
[電話] 0856-72-0376
[料金] 往復450円
[時間] 9時〜16時30分
[休み] 無休、12〜2月の平日休み(1月1〜5日は運行)、気象状況などにより運休あり
11 殿町通り
多胡(たご)家老門や大岡家老門といった重厚な武家屋敷門や津和野カトリック教会、森鴎外や西周(にしあまね)などを輩出した藩校養老館(現・津和野町民俗資料館)などの見どころが続き、「山陰の小京都」の名にふさわしい津和野を象徴する通り。武家屋敷が立ち並んでいた250mほどの通り沿いには、花菖蒲の植えられた掘割に錦鯉が泳ぎ、赤い石州瓦を使った屋根が白壁に映える家々やなまこ塀とともに風情ある通りを形成している。殿町通りに続く本町通りには、趣のある和菓子店や地酒の蔵元などの商家が軒を連ねており、食事やショッピングに格好のシチュエーションだ。
津和野藩の上級家臣たちの居住地であった殿町通り沿いの武家町と本町通り沿いに発展した商家町は、江戸前期までに整備され、今もその町並みは大きくは変わらない。殿町通り・本町通りを含む地区は、平成25年(2013)に国重要伝統的建造物群保存地区に選定された。
※平成29年(2017)1月現在、藩校養老館(現・津和野町民俗資料館)の改修工事にともない、堀割の一部が封鎖されています。

津和野町は国土交通省土地・水資源局水資源部の「水の郷百選」にも選定されている津和野町は国土交通省土地・水資源局水資源部の「水の郷百選」にも選定されている

[電話] 0856-72-1771(津和野町観光協会)
[住所] 島根県鹿足郡津和野町後田
[料金][時間][休み]散策自由

12 津和野カトリック教会

昭和6年(1931)にドイツ人シェファーが、乙女峠の殉教者のために建てた教会。古い町並みが残る殿町通り沿いにあり、ゴシック様式の建物はひときわ目を引く。珍しい畳敷きの礼拝堂内にはステンドグラスからの光がこぼれ、静かな時間が流れる。併設する乙女峠展示室では、明治初期に長崎から津和野に送られ殉教したキリシタンたちについて知ることができる。殉教地である乙女峠には追悼するためのマリア聖堂が立つ。

  • 静かな時間が流れる礼拝堂

    静かな時間が流れる礼拝堂

  • 毎年5月3日に殉教者を追悼する「乙女峠まつり」の聖母行列はここから乙女峠へ

    毎年5月3日に殉教者を追悼する「乙女峠まつり」の聖母行列はここから乙女峠へ

[電話] 0856-72-0251 [時間] 8時〜17時30分(11〜3月は〜17時)
[住所] 島根県鹿足郡津和野町後田66-7 [休み] 無休
[料金] 無料    
13 津和野町立 安野光雅美術館
安野光雅氏の世界をゆっくり堪能しよう安野光雅氏の世界をゆっくり堪能しよう

平成13年(2001)にJR津和野駅前に開館した、津和野町出身の画家・安野光雅氏の作品を常設展示する美術館。漆喰の白壁と赤茶色の石州瓦の落ち着いた外観は、津和野の町並みにとけこんで美しい。昭和59年(1984)に国際アンデルセン賞を受賞し、平成24年(2012)には文化功労者にも選ばれた安野氏の描く作品は、豊かな知識と想像力の上に緻密でやさしい筆づかいと穏やかな色彩をのせる独自の世界だ。本館(展示棟)ではテーマに合わせて年4回の展示替えを行い作品を展示。別館(学習棟)の1階には、安野氏のナレーションではじまり津和野の四季の夜空を映すプラネタリウムや昭和初期の小学校の教室を再現した「昔の教室」、安野氏の書籍をはじめ世界の絵本や美術書などが自由に閲覧できる図書室がある。2階には東京の自宅アトリエを再現したスペースも。

[電話] 0856-72-4155 [時間] 9〜17時(入館は16時45分まで)
[住所] 島根県鹿足郡津和野町後田イ60-1 [休み] 3・6・9・12月の第2木曜、12月29〜31日
[料金] 800円    

浪漫溢れる「貴婦人」の旅

SL「やまぐち」号は、美しいスタイルから「貴婦人」の愛称で親しまれる「C571」の蒸気機関車。運行は、新山口駅から中原中也を育んだ湯田温泉駅、大内文化の香り漂う山口駅、四季折々の情緒を楽しめる長門峡駅などに停車し、山陰の小京都・津和野駅まで。汽笛を響かせながら山口線62.9kmを約2時間かけて力強く走る。葡萄色に統一された5輌の客車も、欧風、明治風などレトロムードに溢れ、多くの人々に夢とロマンを満喫させてくれる。
※蒸気機関車はC56とDD51が牽引する場合あり。

[運転日] 平成27年(2015)3月下旬〜11月初旬の土曜・日曜、祝日予定
[運行区間] 新山口駅〜津和野駅間
[運行本数] 上り下り各1日1本
[その他] 全車指定(乗車券のほかに座席指定券が必要)
  • 力強く走るSL「やまぐち」号

    力強く走るSL「やまぐち」号

  • 凝ったインテリアの2号車「欧風客車」

    凝ったインテリアの2号車「欧風客車」

モデルコース 1日目
7:30 JR東京駅 発

JR東海道・山陽新幹線のぞみ11号で4時間27分

12:03 JR新山口駅

JR山陽本線で16分

12:20 JR防府駅

タクシーで10分

13:30 1.毛利博物館 毛利氏庭園

タクシーで5分

14:35 2.防府天満宮

タクシーで10分

15:30 3.英雲荘

散策(大楽寺など)

16:52 JR防府駅

JR山陽本線で16分

17:12 JR新山口駅

JR山口線特急スーパーおき6号で11分

17:23 JR湯田温泉駅 着
湯田温泉 泊
モデルコース 2日目
8:54 湯田温泉通バス停 発

中国ジェイアールバス防長線萩・明倫センター行きで1時間29分

10:25 萩・明倫センター

徒歩すぐ

11:30 4.旧萩藩校明倫館 「萩・明倫学舎」

徒歩10分

11:40 5.菊屋横町

散策(堀内重要伝統的建造物群保存地区など)、昼食

14:10 6.萩城跡・指月公園

散策(菊ヶ浜、女台場など)

14:50 女台場入口バス停

萩循環まぁーるバス東回りコース(松陰先生)で22分、松陰誕生地前バス停下車、徒歩2分

15:35 7.吉田松陰誕生地

散策(玉木文之進旧宅、伊藤博文旧宅・別邸など)

17:05 8.松陰神社

徒歩すぐの松陰神社前バス停から萩循環まぁーるバス東回りコース(松陰先生)で22分

17:31 萩・明倫センター 着
萩 泊
モデルコース 3日目
8:25 JR東萩駅 発 または 8:33 萩バスセンター 発

防長交通津和野行きで1時間37分または1時間45分

10:10 JR津和野駅

タクシー5分

10:45 9.太皷谷稲成神社

徒歩5分、津和野観光リフトで5分、本丸まで徒歩20分

11:35 10.津和野城跡

徒歩20分、津和野観光リフトで5分、殿町通り入口まで徒歩15分

12:15 11.殿町通り

散策(藩校養老館跡・古橋酒造など)、昼食

14:30 12.津和野カトリック教会

徒歩10分

15:35 13.津和野町立安野光雅美術館

徒歩すぐ

15:45 JR津和野駅

JR山口線 SL「やまぐち」号で1時間45分

17:46 JR新山口駅

JR東海道・山陽新幹線のぞみ54号で4時間27分

22:13 JR東京駅 着
SL「やまぐち」号運休期間のコース
13:45 殿町通り

徒歩5分

13:55 JR津和野駅

JR山口線特急スーパーおき3号で1時間2分

15:26 JR新山口駅

JR東海道・山陽新幹線のぞみ40号で4時間27分

19:53 JR東京駅 着

※各アクセスや観光情報については、おでかけの際に事前の確認をお願い致します。

  • 歴史ロマン探訪 1日目
  • 歴史ロマン探訪 2日目

情報提供:JTBパブリッシング

DISCOVER WEST パスポート

せとうちキャンペーン

お申し込みは各旅行会社

JRと宿をセットにしたおトクな旅行プランを販売中!
詳しくは各旅行会社のホームページへどうぞ。

  • 近畿日本ツーリスト
  • JR東海ツアーズ
  • 日本旅行
  • JTB

DISCOVER WESTとは

それは、西にある。 DISCOVER WEST

DISCOVER WEST とは
数多くの歴史文化遺産と
美しい自然に恵まれた西日本エリア。
そこで見つかる、いい日本、 いい自分の
時間を発見していただく旅の提案です。
DISCOVER WEST CMはこちら

ロングバージョンの動画はこちら
尾道編CMはこちら