グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

2019年1月~3月 京都デスティネーションキャンペーン

第53回 京の冬の旅

第53回「京の冬の旅」のテーマは
「京都にみる日本の絵画~近世から現代~」

2019年9月に日本で初開催となるICOM KYOTO 2019(国際博物館会議京都大会)が開催されることに先駆け、「京都にみる日本の絵画~近世から現代~」をテーマに寺院において、通常非公開の文化財を特別公開します。

公開箇所を便利に巡れる定期観光バス特別コースもあります。

非公開文化財特別公開~秘められた京の美をたずねて~

普段は見学できない庭園、仏像、障壁画、建築など様々な文化財が期間限定で特別公開されます。

公開期間:2019年1月10日(木)~3月18日(月)
※一部公開期間が異なります。

建仁寺 正伝永源院けんにんじ  しょうでんえいげんいん

建仁寺の塔頭寺院で、織田信長の弟である大名茶人・織田有楽斎と、熊本藩主・細川家の菩提所。境内には有楽斎が建てた国宝の茶室「如庵」が復元されており、「有楽囲」「有楽窓」など有楽斎好みの特徴を見ることができる。今回は、狩野山楽筆の鮮やかな金碧障壁画「蓮鷺図」や「織田有楽斎画像」「鍾馗図」、2013年春に奉納された元首相・細川護煕氏筆の障壁画、中国・南宋時代の「架鷹図」などの寺宝が特別展示される。

※1月10日(木)~27日(日)、3月1日(金)~18日(月)の公開
※特別展示の寺宝については期間中展示替え有。

建仁寺 両足院けんにんじ  りょうそくいん

仏の尊称の一つ「両足尊」にちなんで名付けられた建仁寺塔頭寺院。約300坪の庭園は桃山時代の枯山水庭園と、書院前の池泉庭園からなり、茶室「水月亭」「臨池亭」が建つ。桃山時代の絵師・長谷川等伯筆「水辺童子図」や「竹林七賢図屏風」のほか、希代の画家・伊藤若冲筆「雪梅雄鶏図」が特別展示される。また、道釈画家・七類堂天谿氏が2014年の建仁寺開山・栄西禅師の八百年大遠諱を機に描いた方丈障壁画が全面完成するのを記念して、この冬初公開となる。如拙筆と伝わる、孔子・釈迦・老子が寄り添う姿を描いた「三教図」(重文)や今回初公開となる「しろき観音像」など、貴重な寺宝も展示される。

※特別展示の寺宝については期間中展示替え有。

東福寺 光明宝殿とうふくじ こうみょうほうでん

臨済宗東福寺派大本山。特別公開の光明宝殿では、開山塔院・普門院方丈を飾っていた狩野派の絵師・渡辺了慶筆と伝わる「柳松遊禽図」「桜梅遊禽図」「籬秋草図」(いずれも重文)など、装飾的な構成で四季や自然を描いた美しい金碧障壁画のほか、円山応挙、久保田米僊の画が展示される。また、かつて三門(国宝)に安置されていた像高約3.4mの巨大「二天像」(重文)や、伝運慶作の金剛力士像(重文)、「京都五山」第五位であった万寿寺の定朝様の阿弥陀如来像(重文)など、東福寺に伝わる仏像の数々も特別公開される。

※3月1日(金)~18日(月)の公開

公開箇所

建仁寺 正伝永源院/建仁寺 両足院/建仁寺 霊源院/智積院/東福寺 光明宝殿/大徳寺 本坊/相国寺 慈照院/本法寺/善想寺/ 妙心寺 天球院/妙心寺 麟祥院/妙心寺 龍泉菴/仁和寺 金堂・経蔵/転法輪寺/東寺 五重塔

非公開文化財特別公開箇所の詳細、その他の公開箇所はこちら

京都定期観光バス特別コース

~京都にみる日本の絵画~
長谷川等伯と狩野山楽の世界

  • L1コース

長谷川等伯生誕480年・狩野山楽生誕460年を記念した特別コース。
彼らの障壁画が残る寺院を訪ねるほか、今川義元生誕500年を記念し、初公開の義元や千利休の書状等も拝観します。

立ち寄り箇所

  • ◆智積院
  • ◆本法寺
  • ◆妙心寺 天球院
  • ◆建仁寺 霊源院
  • ◆阿じろ(昼食)

~京都にみる日本の絵画~
京の障壁画と庭園の美をたずねて

  • L2コース

日本の絵画と庭園の美を楽しむ特別コース。
狩野探幽や、海北友雪、長谷川等伯など名だたる絵師の障壁画と、庭園美をお楽しみいただきます。

立ち寄り箇所

  • ◆大徳寺 本坊
  • ◆妙心寺 麟祥院
  • ◆建仁寺 両足院
  • ◆妙心寺 龍泉菴
  • ◆泉仙(昼食)

「京の冬の旅」初公開を巡る!
京の国宝とご利益めぐり

  • L4コース

世界遺産寺院の国宝と「京の冬の旅」初公開寺院の貴重な文化財を巡る特別コース。

立ち寄り箇所

  • ◆仁和寺 金堂・経蔵
  • ◆東寺 五重塔
  • ◆善想寺
  • ◆転法輪寺
  • ◆下鴨福助(昼食)

京の冬の味めぐり

  • L3コース

文人墨客も愛した京料理の名店や京の食文化を堪能する特別コース。
世界遺産・下鴨神社を参拝し、無病息災や厄除けを祈って食べる「大根焚き」もお楽しみいただきます。

立ち寄り箇所

  • ◆京料理 山ばな平八茶屋(昼食)
  • ◆京菓子 亀屋良長
  • ◆京漬物 土井志ば漬本舗
  • ◆世界遺産 下鴨神社と「京のあじわい」

京都「千年の心得」

京の体験キャンペーン「京のたしなみ」

竹かご作り体験教室

職人に教わる竹かご作り体験です。初心者向けの簡単なかごなので、初めての方でもお気軽にご参加ください。竹かご作りの後は、竹についての簡単な説明と、店舗にて実演を行います。(予約時に写真の3種類から1種類をご指定ください。)

開催日 2019年 1月26日(土)、2月9日(土)・23日(土)、3月9日(土)・23日(土)
時間 14:00~(所要時間 約2時間30分)
会場 有限会社横山竹材店「TAKENOKO」(地下鉄烏丸線「今出川」駅下車 6番出口より徒歩14分)
料金 四海波花かご 4,500円、よろず篭・エビかご 5,200円
募集人数 各日8名(最少催行人数1名)

和蝋燭絵付け体験

絵蝋燭は、お花がすぐに枯れてしまう夏やお花の少ない冬に、お仏壇のお花の代わりとして火を灯さず飾るものとして使用します。現在は海外へのお土産やインテリアとしての利用が増えています。当プランでは和蝋燭工房で、和蝋燭職人の蝋燭造り作業風景の見学と、手描き絵師と共に和蝋燭に絵付けをしていただきます。
世界で唯一の絵蝋燭を作ってみませんか?

開催日 2019年 1月20日(日)、2月3日(日)・17日(日)、3月3日(日)・17日(日)
時間 14:00~(所要時間 1時間30分〜2時間)
会場 (有)中村ローソク 京蝋燭なかむら(地下鉄烏丸線「竹田」駅下車 3番出口より徒歩5分)
料金 3,700円
募集人数 各日8名(最少催行人数2名)

京の冬の旅キャンペーンイベント

京都 日本画新展 in 二条城 ~100人の画家・嵯峨野線を旅して~

岸田尚子『紅い渓』

「京都 日本画新展」日本画家100人の作品が通常非公開の二条城台所・御清所に一堂に会します!

期間 2019年2月16日(土)~3月3日(日)
時間 8:45~17:00(最終入城16:00)
会場 二条城 台所及び御清所
料金 無料(二条城の入城料が別途必要)
お問い合わせ 「京都 日本画新展」事務局(京都新聞COM事業局内)TEL:075-255-9758