トップページ  >  鉄道のご案内  >  列車  >  列車でのサービス  >  ドアの手動扱いについて

ドアの手動扱いについて

ドアの手動扱いとは?

車内の温度を快適に保つため、列車のドアをお客様ご自身で開け閉めできるようにしています。
ボタン式と手動式があります。

ボタン式の例

221系
  • 221系 ボタン式ドアの写真
    221系 外観
  • 221系 車外と車内のボタン写真
    221系 車外と車内のボタン
223系
  • 223系 ボタン式ドアの写真
    223系 外観
  • 223系 車外と車内のボタン写真
    223系 車外と車内のボタン
225系
  • 225系 ボタン式ドアの写真
    225系 外観
  • 225系 車外と車内のボタン写真
    225系 車外と車内のボタン

どうやって扱うの?

乗るとき

ドアのランプが点灯時に、ドアの左横のボタンを押すとドアが開きます。
ドアのランプが消灯時は開きません。

  • 動き出す列車にご注意ください。
  • 車内に入ってから、ドアを閉める際はまわりのお客様にご注意ください。
  • ボタン式ドアの写真
    ボタン式ドア 車外

降りるとき

ドアのランプが点灯時に、ドアの右側のボタン<開>を押すとドアが開きます。

  • 車外から閉めることはできません。
  • ボタン式ドアの写真
    ボタン式ドア 車内

車内からドアを閉めたいとき

ドアのランプが点灯時に、ドアの右側のボタン<閉>を押すとドアが閉まります。

  • ボタン式ドアの写真
    ボタン式ドア 車内

ドアを閉める際は、まわりのお客様に十分ご注意ください。

  • ボタン式ドアのイメージイラスト