ここからが本文です。

鉄道でのご利用

ご利用方法

  • 自動改札機の通り方
  • 新幹線・私鉄の乗換改札口での使い方
  • 自動精算

自動改札機の説明図

簡易型自動改札機の説明図

カード読み取り部
受付可能のときは、緑色のリングが点灯またはタッチ部が青く光っています。

上記以外の自動改札機もあります。

自動改札機の通り方

手順1

自動改札機・簡易型自動改札機のカード読み取り部にICOCAを水平にして確実にタッチしてください

緑色のランプが点灯しているときまたはタッチ部が青く光っているときにタッチしてください。
自動改札機の乗車券投入口に入れないでください。カードが破損する恐れがあります。

自動改札機の種類

手順2

「ピッ」または「ピピッ」などの音がします

自動改札機がカードの情報を読み取れない場合は、「ピピピピピ」と音が鳴り、ゲートが閉まります。
ディスプレイに「もう一度ふれてください」と表示されますので、再度、カード読み取り部にタッチしてください。

案内音、ディスプレイのメッセージをご確認ください
簡易型自動改札機にはゲート(扉)はありません。
「ピピピピピ」あるいは「ピー」という音が鳴った場合は、次回のご利用ができなくなりますので、必ずディスプレイのメッセージをご確認ください。

駅係員が不在の場合(無人駅等)は、次回ご利用前に有人駅の改札口係員にお申し出ください。

"ICOCA定期券"の定期券区間外または定期券有効期間外のご利用時、および”ICOCA”のご利用時には、ディスプレイにカードの残額とご利用金額(降車時のみ)を表示します。

手順3

降車時にも必ず確実にタッチしてください

タッチされなかった場合、次回のご利用ができなくなります。

新幹線・私鉄の乗換改札口での使い方

自動改札機ご利用の注意事項

  • ICOCAは自動改札機にしっかりとタッチしてください。
    自動改札機のカード読み取り部にしっかりとタッチしないと処理ができない場合があります。確実にタッチをして処理音を確認してください。
  • ICOCAは1枚だけでご利用ください。
    2枚以上のICOCAをパスケースに入れている場合、改札機を通ることができません。ICOCAとSuica・TOICA・PiTaPaなどを入れている場合も同様です。
    また、入場時に使用したICOCA以外のICOCAでの出場・精算はできません。
  • パスケースに他のカードが入っている場合の注意
    他のICカード(電子マネー用カードなど)
    表面が銀色地の光沢のある磁気カード(ポイントカードなど)
    硬貨・貴金属類等
    アルミ箔などを使用した紙など、電波を妨げるものがパスケースに一緒に入っている場合は、カードの情報を自動改札機が読み取れないことがありますのでご注意ください。
  • 他の乗車券類と組み合わせてご利用の場合は、のりこし精算機へ。
    ICOCAと、他の磁気定期券や回数券、きっぷ等と組み合わせてご利用の場合、のりこし精算機をご利用ください。(のりこし精算機で処理できない場合は、係員にお申し出ください。)
  • Suicaエリアでは、カードの残額が初乗り運賃に満たない場合は、ゲートが閉まります。一旦チャージ(入金)してからご利用ください。
  • PiTaPa交通ご利用エリアでは、カードの残額が10円(事業者により異なる場合があります。詳しくは、各交通事業者にご確認ください。)に満たない場合は、乗車駅の自動改札機のゲートが閉まります。一旦チャージ(入金)してからご利用ください。