1. トップページ
  2. ICOCA
  3. ご利用方法
  4. 払いもどし

ご利用方法

  1. ICOCAにチャージ
  2. SMART ICOCAにチャージ
  3. 鉄道でのご利用
  4. ICOCA電子マネー
  5. 駐車場でのご利用
  6. ご利用に役立つ機能
  7. 紛失再発行
  8. 払いもどし
  9. ご注意事項
  10. ICOCAポイントサービスとは
  11. バスでのご利用
  12. PiTaPaポストペイサービス

払いもどし

ICOCAとICOCA定期券の払いもどし

払いもどし額の計算方法

【ICOCA・こどもICOCA】カード残額 ー 220円(払いもどし手数料)+ 500円デポジット= 払い戻し額、【ICOCA定期券・こどもICOCA定期券】定期券部分の払いもどし計算額+カード残額 ー 220円(払いもどし手数料)+ 500円デポジット = 払い戻し額
  • 払いもどし計算額(カードの残額を含みます)が払いもどし手数料以下の場合は、500円(デポジット)のみを返金いたします。
  • “ICOCA定期券”の定期券部分のみを払いもどしし、カードは引き続き“ICOCA”としてご利用いただくこともできます。
    この場合の払いもどし額の計算方法は、「定期券部分の払いもどし計算額-払いもどし手数料」となります。
    (デポジットは返金いたしません。また、カードの残額は定期券部分払いもどし前の残額がそのまま引き継がれます。)
  • 2区間分割購入の“ICOCA定期券”の払いもどし手数料は440円です。
  • 2区間分割購入の“ICOCA定期券”の定期券1区間のみを払いもどしすることもできます。この場合払いもどし手数料は220円です。
  • こどもICOCAを「カード有効期限」の翌日以降に払いもどしされる場合は、払いもどし手数料は0円です。
    ただし、定期券部分の払いもどし計算額がある場合の払いもどし手数料は220円です。
  • 駅の営業時間又は機器の稼働時間にかかわらず0:50から5:00までの間はお取り扱いできません。
    (機器や回線の障害等によりお取り扱いできない場合もあります。)
  • 払いもどした場合、ICOCAポイントは失効します。
    (ICOCA定期券の定期部分を払いもどす場合は除く。)

払いもどし箇所

  1. 01
    JR西日本のICOCAエリア内のみどりの窓口にお申し出ください。
    ご利用可能エリアについて
  • “ICOCA定期券”およびこどもICOCAの払いもどしには、公的証明書(免許証等)のご提示が必要となります。
  • “ICOCA定期券”およびこどもICOCAの払いもどしは、ご利用のご本人以外の方(代理人)でもお取り扱いいたします。なお、この場合はご本人が当社指定の方法により代理人に委任を行う必要があります。その際、代理人の方の公的証明書のご提示が必要となります。(こどもICOCAの場合は、代理人の方とご利用のご本人との関係が分かる公的証明書をご提示いただければ、委任を省略できます。)
  • 当社でお買い求めのICOCA定期券の払いもどしは当社ICOCAエリア内の駅でのみお取り扱いし、他社でお買い求めのICOCA定期券の払いもどしはお買い求めいただいた他社の駅でお取り扱いいたします。
    (他社でお買い求めのICOCA定期券の有効期間が終了している場合は当社ICOCAエリア内のみどりの窓口でも払いもどしいたします。)
  • バスや地域鉄道の定期券が付加されたICOCAをご利用の場合、ICOCAを払いもどしされると定期券は無効となります。(定期券の発売会社にお申込みください。)

SMART ICOCAの払いもどし

  1. 01
    SMART ICOCA問い合わせダイヤルまでお電話ください。
    SMART ICOCAお問い合わせダイヤル
  • ※駅ではお取り扱いしておりません。